がけっぷち婚活道場

婚活師匠たちによる婚活道場オープン中

モテテク

片思いの男性を振り向かせる!今すぐ効果がでる7つの秘策をご紹介!

更新日:

片思いの人がいると、毎日が輝いてみえます。好きな人がいるというのは、幸せなことです。

でも片思いを続けているだけでは、何も変わりません。せっかく好きな人ができたのであれば、どうにかして相手を振り向かせて両思いになりたいと考えるでしょう。

パンダ師匠
片思いをずっと続けているだけでは、何も進展しないのじゃ。
何もしなければ他の誰かに取られてしまうかもしれないですね。
リス子(30)

今回はそんな「片思いの人を振り向かせるための7つの秘策」を紹介していきます!

考えているだけでは何も起きません!ぜひ実行してくださいね。

あわせて読みたい
駆け引きも大事
大人女子流!モテの法則7選!これであなたもモテ女子に♪

「20代で結婚して、30代で一人は出産して…」など、多くの女性が色んな「人生計画」を描きながら、仕事とプライベートを過ごされてきたのではないでしょうか? しかし、なかなか予定通りにはいかないのが現実で ...

続きを見る

 

秘策1:好きというサインを送る

好きというサインを送る

まずは自分の「好き」というサインを送って、相手に気持ちを知ってもらいましょう!これは告白するわけではなく、あくまで好きであるサインを送って「相手に意識してもらう」ために知ってもらうのです。

男性
「僕のこと好きなのかな?」
「勘違いかな?」

というギリギリのところを攻めていきましょう。このように相手をモヤモヤさせることで、自分に気を引くことができます。

パンダ師匠
また相手に心の準備をしてもらうことにも繋がるのじゃ。
突然だと「びっくりして断られてしまう」可能性がありますもんね。
リス子(30)

両思いのほとんどは、どちらかの片思いから始まるものです。同時に両思いになることは、ほとんどありません。

どちらかが最初に恋をして、その思いに気付いた相手が恋をするのです。

そこで「片思いを知ってもらうための実践的な方法」を3つご紹介します。

 

見つめる

一番ストレートで効果的な方法は、片思いの人を見つめるという方法です。ただしあまり見つめすぎてしまうと、相手が恐怖心を感じてしまうこともあります。

怖い見つめ方にならないためには、以下のポイントで数回のみ行いましょう!

  • 見つめるのは3秒のみ
  • 陰からではなく堂々と
  • 優しい笑顔

これらを意識して見つめるようにしてください。

もし相手と目線が合ったら、少し微笑んで目をそらしてください。これが数回続くと、あなたの思いに気がついてくるでしょう。

 

ボディタッチをする

あからさまなものではなく「自然なボディタッチ」は、自分を意識してもらいやすくなります。

パンダ師匠
自然なボディタッチをするためには、肩と腕が狙い目じゃ。

片思いの人を呼ぶときに「〇〇さん」と言って肩をトントンとしたり、腕を軽くつかんだりするのです。

自然な感じですね!
リス子(30)

それだけも大きな効果があります。他の人にはせず、片思いの人だけに行うようにしましょう。

 

褒める

好きな相手を褒めることも、好きという気持ちを伝える手段です。

もちろん目に見えることを褒めてもらえるのも良いのですが、内面や行動に対して褒めた方が効果あります。

女性
「いつも凄く頑張ってるよね」
「周りへの気遣いができてて、尊敬する」

このようなことが良いです。きちんと相手を見て、深い内容を褒めるように意識してみてください。

 

 

秘策2:とことん味方になる

とことんミカタになる

あなたは片思いの人にとって「とことん味方」になるようにしましょう。「この人は自分のことを受け止めてくれる」と思ってもらうことが大切です。

パンダ師匠
誰でも自分を良く見せようとするものだぞ。でも上辺だけじゃなく、本当の自分も受け入れて欲しいのじゃ。
男女関係なく、そうですね。
リス子(30)

その人の「本当の自分」を受け入れるようにして、相手に「受け入れられている」と思うようにしましょう!

実践的にやっていきたいポイントは「話」「弱み」の2つです。詳しく解説します!

 

話を受け入れる

片思いの人にとっての「聞き役」になり、話を受け入れましょう。

どんな話にも耳を傾けて、一生懸命聞くのです。相手に対して指摘やアドバイスはせずに、ただ聞いて共感するのです。

本当の自分を見せても受け入れてもらえるという安心は、恋にも変わるのです。

どんな話でも、受け入れて共感しましょう。

 

弱みを受け入れる

弱みを受け入れることで、より相手からの信頼を得ることができます。

片思いの人が少し元気なく、悩んでいる様子のときには声をかけてみましょう。

女性
どんなことでも、力になりたい。困ったことなどがあったらなんでも話してね。

と言ってそばにいてあげてください。そこで弱みを見せてくれたら、とことん寄り添って受け入れましょう。

人に自分の弱い部分を見せるのは、勇気がいることです。だからこそ弱みを見せることができた相手には、特別な感情を抱くのです。

 

秘策3:ギャップをみせる

ギャップを見せる

片思いの相手に振り向いてもらうためには、自分のギャップを見せてアピールしましょう!

ギャップ萌えなんて言葉があるくらい「定番の恋のきっかけ」ですが、大きな効果がありますよ。

意外な魅力を見ることで、心が奪われるきっかけになるのです。

パンダ師匠
そのために自己分析からじゃ!周囲の人に自分の印象を聞いてみるのがおすすめだぞ。
自分で思っている印象と、周囲からの印象が違う可能性があるからですね!
リス子(30)

自分が周囲の人に与えている印象を知ったら、片思いの人の前で「その印象とは逆のアピール」をしてみてください。

「天真爛漫な人が、実は人一倍真面目に物事を考えている」ことを知ったら、見る目が変わりますよね。

その意外な一面をアピールするのです。「この人をもっと知りたい」と思わせることがポイントです。

 

秘策4:まめに連絡する

マメに連絡する

片思いから両思いになるためには、まめに連絡をすることを欠かせてはいけません。連絡を取り合うことで距離を縮めていくのです。自分を知ってもらい、相手を知ることで、両思いに近づいていきましょう。

なるべく片思いの人のことを思いやる連絡を入れるようにしましょう。

女性
「今日は大事な試験の日だよね?応援しているから頑張ってきてね!」
「なんか風邪気味っぽかったけど大丈夫?無理しないでね!」

このように相手が「自分を大切に思ってくれている」と実感できるような内容にしましょう。

それにプラスして「少しクスッと笑えるようなスタンプや絵文字」で癒してあげるのもおすすめです。

 

秘策5:一緒にいるときに楽しそうにする

一緒にいる

一緒にいる相手が楽しそうにしていると、自分も楽しめます。これは重要なことで「一緒にいて楽しい相手でなければ、恋人候補にはならない」ということです。

パンダ師匠
つい「緊張して表情が硬くなる」「会話がうまくできない」ことがあるのじゃ。
私、すぐに表情に出て赤くなってしまうんです。それが恥ずかしくて、露骨に相手の顔を見ることができないんです。
リス子(30)

片思いの人と一緒にいると緊張して、表情や行動に出てしまうことがあります。しかしそれでは両思いの道は遠くなってしまいます。

片思いの人と一緒にいるときには、とにかく楽しそうにすることを意識してください。一緒にいるだけで嬉しくて仕方ないということを表情に出しましょう。

ニコニコと笑顔を絶やさないようにして、少しのことでも楽しそうに笑います。

あなたが楽しそうにしていることで、一緒にいる相手も楽しい気持ちになります。笑顔が伝染して「この人と一緒にいると笑顔になる」という印象をつけることができます。

 

秘策6:ドキッとさせるハプニングを狙う

ドキッとさせるハプニングを狙う

相手をドキッとさせるハプニンを狙って、異性として意識してもらう方法もあります。

相手から友情と思われていたり、恋愛対象として見てもらえない…そんな場合は、ドキッとさせるハプニングを狙いましょう。

パンダ師匠
恋愛はタイミングときっかけが重要だぞ!このハプニングによって、意識させるタイミングを作るのじゃ。

ハプニングとは言っても、いきなり過激なものは関係を壊しかねません。例を挙げると、以下のようなものです!

  • つまづきそうになり相手の手や腕をつかむ
  • 満員電車で密着する
  • 同じものに手を伸ばして手が重なる

このようなハプニングは意識して狙うことが可能です。

これくらいなら、違和感がありませんね。
リス子(30)

ハプニングやタイミングは自分で作るものです。少しドキッとさせることで、異性の対象として見てもらえるようにしてみてください。

 

秘策7:ちょっぴり心配させて意識させる

ちょっぴり心配させることで「意識」してもらうことができます。恋愛には駆け引きが重要です。片思い中は「押す」ことを意識しがちです。ですがただ押すだけでは、相手の心が寄ってこない場合もあります。

そんな時には少し引いてみることで、逆に心を引き寄せることができるのです。

引くこととは、冷たくすることではなく「少し心配させて意識させる」ことです。その実践的な方法を3つ挙げて詳しくご紹介します。

 

弱みをみせる

普段「笑顔」で「元気」なあなたが落ち込んでいると心配するでしょう。

いつもなら顔を見れば「おはよう」と笑顔で挨拶してくるのに、今日は顔を見ても会釈してどこかに行ってしまった…なんてことになれば心配ですよね。

まずは心配させて、声を掛けてくれるのを待ちましょう。そして「何かあった?」と声がかかったら、あなたの弱みを見せてください。

その時に「あなただから話せる」というように、特別に信頼しているという部分を伝えるのもおすすめです。

 

異性の存在

自分のことを好きな人が、他の異性と仲良くしていると気になるものです。

パンダ師匠
急に自分のものを取られてしまったような気持ちになり、嫉妬するのじゃ。
確かにそうですね。モヤモヤするような感じがします。
リス子(30)

他の異性とも話したり、仲良くしている姿をちらっと見せてみましょう。

この時に「過剰に異性と仲良くしたり」「色んな異性の存在を見せてしまう」と、軽い人だと思われてしまいます。

あくまでも自然と異性の存在をアピールさせて、少しスパイスとして嫉妬させるように仕向けてみてください。

 

駆け引きも大切

駆け引きも大切

引き際を作って、駆け引きをするのも大切なポイントです。あなたなりに両思いになるための努力を続けたら、まず1ヶ月頑張って少し引いてみましょう!

その間は、いったん連絡などを控えてみてください。

パンダ師匠
よく恋愛の駆け引きで言われる「押して押して引く」という手法は効果があるのじゃ!
引くのは勇気がいりますね。
リス子(30)

相手があなたの気持ちを確信してきたところで少し引くと「あれ?」と気になり、なんだか心にぽっかりと穴が空いたような感覚になります。

そうなると今度は、片思いの人から連絡がきたりするものです。

そうなればもう両思いになっているようなものです。十分にアピールしたあとの引き際の大切なので、押してばかりにならないように意識してください。

 

 

片思いの男性を振り向かせる秘策 まとめ

片思いの相手を振り向かせるのは、簡単なことではありません。どんなに頑張っても恋が実らないということだってあります。

ですがポイントを押さえて、相手に振り向いてもらえるように努力することで「意識してもらう」ことができます。

恋をしてもらうためには、自分でそのきっかけをつくっていかなくてはいけないのです。片思いで終わらせないために、どんどん秘策を実行していきましょう。

 

次のおすすめ
素直な女性がモテる
「素直な女性」が一番モテる理由!7つの特徴と心理テスト付き!

婚活や恋愛のシーンで一番モテる女性ってどんなタイプの女性かご存知でしょうか? それは素直な女性です! そこで今回は婚活や恋愛でモテる素直な女性「その7つの特徴」をご紹介します! 「素直の特徴」と「なぜ ...

続きを見る

次のおすすめ
婚活女性必見!男性に「結婚したい」と思わせる簡単テクニック6選

婚活女性に限った話ではありませんが、婚活をしている場合は誰しも「結婚をする」のが目標です。 特にプロポーズは「男性からしてほしい」という方は多いです。   パンダ師匠でもそうなるには、当然な ...

続きを見る

 

【必見】30代から幸せな結婚をつかむ2つの方法

幸せな結婚をつかむ2つの方法

>> 「幸せな結婚ができた2つの方法」の記事を読む <<

 

 

【厳選】人気のおすすめ記事

30代から幸せな結婚をつかんだ方法 1

  登場人物 パンダ師匠『がけっぷち婚活道場』の師匠。婚活成功の心構えから婚活テクニックまで教えている。35歳から婚活をはじめて苦労した経験があり自分の苦労を元に婚活道場を開く。婚活に悩める ...

結婚できない男アンケート 2

「結婚できない男」の特徴はたくさんあります。だからこそ「一体どれが最も多い特徴なの?」と、改善しようにも手をつけられないなんてこともありますね。 パンダ師匠そこで今回は「がけっぷち婚活道場で20代〜4 ...

素直な女性がモテる 3

婚活や恋愛のシーンで一番モテる女性ってどんなタイプの女性かご存知でしょうか? それは素直な女性です! そこで今回は婚活や恋愛でモテる素直な女性「その7つの特徴」をご紹介します! 「素直の特徴」と「なぜ ...

出会い手段 4

「出会いがない…」婚活難民という言葉が出てくるほどに、出会いを作ることが難しい現代。特に社会人となると「学生の時よりも時間がない」などの理由から、より出会いがない状態になりやすいです。 パンダ師匠行動 ...

モテるモテない30代女性 5

いつの年代でも、周りを見渡せば「モテる女性」「モテない女性」に分かれます。 また「20代はチヤホヤされていたのに、30代になった途端まったくモテなくなった」そんな30代女性も多いと思います。 パンダ師 ...

-モテテク
-, ,

Copyright© がけっぷち婚活道場 , 2019 All Rights Reserved.